×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬を飼い始めたら?
 登録と狂犬病予防注射
犬を飼ったらまずは登録をしなければなりません。同時に狂犬病の予防接種も受けましょう。
予防接種は各動物病院もしくは4月に行われる集合注射で受けてね。
毎年1回必要です。飼い主さんの義務です。忘れずに受けましょう。
 伝染病の混合ワクチン 
犬同士でうつる恐い病気の予防接種です。
予防接種のワクチンには5種混合や7種混合などがあります。
生後1〜2ヶ月くらいの子犬は,母犬からもらう初乳によって体内に取り込んだ免疫でウィルスなどから守られていますが,その母犬からの免疫力が成長とともに薄れてくると様々な病気に感染しやすくなります。
それで母犬からの免疫の代わりに病気から子犬を守るために行うのが予防接種です。
通常は,生後
2ヶ月ぐらいに1度,その後生後3ヶ月ぐらいに1度の計2回行います。
それ以降は
年に1回ずつの接種です。
子犬のお散歩デビューはワクチンの効力が効きはじめる追加接種後2週間目以降にします。
 フィラリアの検査と予防
犬フィラリア症は,蚊が媒介するフィラリア(犬心臓糸状虫)という長さ10〜30pの寄生虫が,肺動脈や心臓に寄生する事によって
起こる犬の怖い病気です。
初めのうちはほとんど無症状なので,なかなか気付かずに見過ごしてしまいがちですが,症状が出てからでは手遅れとなってしまうので,予防する事が大変重要です。
毎年蚊の発生時気の
5〜11月まで,毎月1回,薬を飲むだけで予防できます。
すでに感染している状態で予防薬を飲ませてしまうと副作用を起こす事があるので,必ず事前に動物病院で血液検査をする必要があります。
 ノミ・ダニの駆除と予防
首の後ろに付ける薬で誰でも簡単に予防・駆除が出来ます。
草むらを散歩する子は予防してね。ノミ・ダニアレルギーの予防にもなります。
 去勢・避妊について
子供を産ませる計画のない場合は,生後4〜5ヶ月以降に手術を受けます。
性に関する病気を防ぐだけでなく,以下の効果もあり,精神的に安定して過ごす事が出来ます。
避妊による効果 (雌♀犬) 去勢による効果 (雄♂犬)
望まない妊娠を防ぎ子宮蓄膿症・卵巣腫瘍・乳腺腫瘍などの予防
発情行為の解消(発情時の出血など)
前立腺の病気や精巣・肛門周辺の腫瘍会陰ヘルニアの予防
攻撃性の低下,性格が穏やかになりマーキングが減る

 不妊手術によるデメリットも若干見られます 
不妊手術後は,健全な食餌と運動を心がけ日頃からよく観察し体調の変調に気がついたら,早めに対処してあげて下さいね。
 
肥満傾向になりやすい → 適切な食餌と運動で予防しましょう
 
稀にメスの犬で尿失禁が見られる事がある → ホルモン療法でコントロールできます
 
オス猫で,尿道にマグネシウムの結晶が詰まる病気〈猫泌尿器症候群)になりやすくなる傾向が見られる
 
ホルモン失調による皮膚疾患 → ステロイドホルモンを乱用すると悪化させることもあります
   皮膚病についてもよく勉強されている信頼できる獣医さんに診て頂きましょう。



このウエブサイト上の画像および文章を無断で 掲載・引用することは、法律で禁じられています。
Copyright(C) 2007-2009 150匹犬猫ボランティア  All Rights Reserved